コラム

三都連絡協議会 大阪大会

 


  平成29年10月11日(水)
2部構成で三都連絡協議会を開催いたしました。
第1部はエディオンアリーナ(難波府立体育館)においてバブルサッカーを行いました。各会員の交流を目的とし各会のメンバーをバラバラにチーム分けをし6チームの総当たり戦を行い、休憩時間を利用しサッカーボーリングを行いました。白熱した戦いが続き、チームごとの作戦など考え初対面でも深い交流を行うことが出来ました。順位が確定しMV珍には、神戸生菓子経営研究会副会長安達文輝様が選ばれ、敢闘賞に大阪府生菓子青年クラブ女子部副部長永井絵美様が受賞されました。総合優勝は、チーム石橋に決定いたしました。
皆さんハッスルしましたのでサウナニュージャパンで汗を流しさっぱりした状態で道頓堀ホテルへ場所を移し三都連絡協議会を開催いたしました。谷澤幹事長の開会の挨拶で幕を開け、各会の代表者に昨年から先月までの事業報告をしていただきました。例年では、質疑応答で終了するところではございまますが、より深い交流、協議会を目指すことを目的といたしましたので、ワールドカフェスタイルで行い、4つのテーマ【1.過去の事業について】【2.将来してみたい事業について】【3.業界発展に繋がる事業について】【4.個店で行える事業について】を設け各テーブルごとで話し合いを行っていただきました。各テーブルごとに発表していただき様々な意見提案が出ました。協議会に参加された方々がみんな発言をし意見を集約することで、各会の今後の発展につなげ3団体が1つでも明確に目指すものが定まれば、共同事業開催への可能性を秘めた協議会となりました。同室において懇親会を開催し神戸生菓子経営研究会会長佐野幸弘様より乾杯のご発声を頂戴し、宴半ばで京菓子協同組合青年部部長草野方夫様よりお言葉を頂戴いたしました。また、第1部バブルサッカーの表彰式をおこない、閉会を迎え森副幹事長に閉会の辞を頂戴し、奥副幹事長の大阪締めで幕を閉じました。
今回の目的である交流、懇親を深めることができ、また協議会も例年より深く掘り下げた協議会を開催することが出来ました。 

 
大阪府生菓子青年クラブ
総務部 部長 田中 俊之

since2000 / copyright 大阪生菓子青年クラブ  All Rights Reserved.