コラム

55周年記念式典

 

 ホテル阪急インターナショナル4階紫苑の間南において大阪府生菓子青年クラブ創立55周年記念式典、紫苑の間北において祝賀会を執り行いました。50周年から現在に至るまでの例会講師の先生方や、歴代幹事長、事業にご協賛、ご協力いただきました皆様をお招きいたしました。
式典では、物故者への黙祷を行い、森副幹事長の開会の辞で式典が始まりました。中西幹事長が初めに挨拶を行い、続いて、御来賓を代表して、大阪府生菓子協同組合理事長渥美弘三様、大阪二六会会長西尾智司様にご祝辞を頂戴いたしました。また、50周年から55周年の間に幹事長を務められました、井上文孝様、板倉晋平様、松田明様、出口勝正様、永山宜泉様に感謝状を贈呈し、代表といたしまして板倉歴代幹事長にお言葉を頂戴いたしました。これまでの5年を振り返るスライドをご覧いただいた後、本年度行いました55周年記念事業の報告を第1事業部松家部長より、第7回全国和菓子甲子園と幼稚園、保育園の園児様による記念作品の報告を行いました。続いて、第2事業部新澤部長より中央公会堂で行われました、大咲菓×Smileの事業報告が行われました。
そして、記念講演には、吉本興業所属シルク様に美と健康についてのお話で、食するものから体は作られ、体を動かすことで健康が保たれるという内容のご講演をいただきました。講演終了後、永山副幹事長の閉会の辞で式典を終了いたしました。
祝賀会では、オープニングアクトとし55周年実行部長3名(松家、新澤、田中)による和太鼓の演舞で幕を開け、谷澤副幹事長の開会のことばで開会いたしました。和やかなムードの中、テーブルスピーチを行い、初めに青年クラブ顧問であられます岡本楢雄様にスピーチをいただき、神戸生菓子経営研究会佐野幸弘会長、京菓子協同組合青年部中西恵部長へと順にスピーチをいただきました。また歴代周年幹事長の高田和夫様、青木啓一様、岡本博之様、松下雄一様、井上文孝様にスピーチをいただき、中締めに青年クラブ伝統の大阪締めを林喜久様に行っていただき、式典実行部長田中が、閉会のあいさつを行い終了致しました。この度の式典にご参加いただきました、皆さまのお蔭をもって5年間の事業を行うことが出来ました。心より感謝申し上げます。今後とも、大阪府生菓子青年クラブをどうぞよろしくお願いいたします。

   
   

 

   
   
 
   
   
 
55周年記念式典部長 田中 俊之 

since2000 / copyright 大阪生菓子青年クラブ  All Rights Reserved.