• HOME
  • お菓子の話

コラム

紋日と和菓子  『正月』

正月とは、一年の一番初めの月のことをいいますが、一般には年初の諸行事のことをさします。一月を正月と呼ぶのは「正」が年の初め、年の改まる意味であることに由来します。また稲が実って一巡する期間を「年」と言いました。古くは正月は孟蘭盆と対応するもので、半年ごとに祖霊を祓る大きな年中行事とされていました。正月に迎える年神は大きく分けて二つの性格をあわせ持っています。一つは豊作をもたらす田の神の性格、もう一つは各家の祖先の霊-祖霊的性格です。

  お正月と言えば、鏡餅を連想しますが、その鏡餅は正月、年神様(歳神:正月に家で祭る神で稲作を守る神)へのお供えとして床の間に飾ります。まず「三方」(供え物の台で前と左右に穴が開いている)を用意し、紙を敷いて四方に垂らします。その上に、裏白と譲り葉を四隅に出し、鏡餅二つ重ねて据えます。その上に馬尾藻、串柿、橙、干し鯣などを置き、昆布を長く垂らして飾り立てます。そして鏡開きは、一月十一日に年神に供えておいた鏡餅を下ろし、砕いて雑煮やお汁粉に入れて食べる行事です。主に室町時代の武家で行われていたため、刃物で切ることは切腹を連想させるので避け、手や木槌を使って割って開いたので鏡開きと言われるようになりました。

  次に、この雑煮と深い関係がある和菓子があるというと疑問に思われる方も多いと思います。正月の菓子屋の店頭に並び、茶の湯の初釜に使われることの多い「花びら餅」が、その雑煮に由来する菓子なのです。菱葩という正月の行事食があります。現在でも宮中では正月に召し上がられる行事食ですが、別名包み雑煮とも呼ばれています。十五㎝程の丸く伸ばした餅の中央に、小豆の渋で染めた菱餅を置き、濃厚な白味噌を塗っり、柔らかく煮た牛蒡を載せて二つに折ったもので、まさしく包み雑煮です。現在、正月の菓子として定着している「花びら餅」は、明治時代に裏千家十一世玄々斎家元が宮中のお許しを得て、初釜に使われたのが始まりといわれています。「花びら餅」は、餅だけでなく求肥が使われたり、白味噌が味噌餡に替えられたりしてよりお菓子らしく工夫されています。

  • HOME
  • お菓子の話

since2000 / copyright 大阪生菓子青年クラブ  All Rights Reserved.