• HOME
  • お菓子の話

コラム

紋日と和菓子  『節分』

「鬼は外、福は内」 誰もが一度はやった節分の豆撒き。その由来や起源はどこから来たのでしょうか?豆撒きの行事は、「追儺(ついな)」と呼ばれ、中国から伝わりました。また追儺は「鬼やらい、鬼走り、厄払い、厄神送り」と呼ばれ文武天皇の時代、慶雲三年(七〇六年)に宮中で初めて行われました。

  節分は立春の前日(二月三日)のことで、冬から春を一年の境とし、季節の変わり目に邪気がたまるとされ、鬼に豆を撒くことによってその邪気を祓い、一年の無病息災を願うという意味があります。現在のお正月のような行事とされていたようです。近代では、節分当日の夕暮れに柊の枝に鰯の頭を刺し戸口に立てて置いたり、豆撒きをしたりするようになりました。

  豆は古来「魔滅」と呼ばれ、縁起物として使われました。節分の前日、一生枡下三方に盛り、神棚に供えます。これを「福豆」といい、節分の日に撒いたり歳の数だけ食べたりします。ちなみに厄年の人は厄が早く終わるようにと、一粒多く食べます。

  この福豆を節分当日に三回に分けて煎り、午後八時から一〇時の間に玄関から始まり全ての部屋に豆を撒きます。豆撒くときには掛け声を掛けます。普通「鬼は外、福は内」ですが、地域や神社によって変わります。鬼を神の使いとしている神社、方除けの神社は「鬼は外」ではなく「内」としています。ちなみに京都府の大原神社では「鬼は内、福は外」、千葉県の成田山新勝寺では「福は内」、奈良県蔵王字では「福は内、鬼は内」、埼玉県の鬼鎮では「福は内、鬼は内、悪魔は外」と声を掛けます。

  節分と言いましても、地方やその文化で少しずつ風習が変わっているものですね。ですが福を呼び込んで、一年間健康で幸せに過ごしたいという願いは昔も今も変わらず続いていて、これからの未来も二月三日の元気な声が響いているのでしょうね。

  「鬼は~外、福は~内」と。

  • HOME
  • お菓子の話

since2000 / copyright 大阪生菓子青年クラブ  All Rights Reserved.