• HOME
  • お菓子の話

コラム

紋日と和菓子  『桃の節句』

雛祭りがこの日に当たり、正式には上巳(じょうし)の節句といいます。古来中国から伝わった三月の初めの巳(み)の日という意味からですが、ちょうど桃の花が咲く頃でもあり、お節句を祝うのにふさわしいことから、今では桃の節句という美しい名で親しまれています。

  平安時代、上巳の節句の日に人々は野山に出て薬草を摘み、その汚れを祓って健康と厄除けを願いました。この行事が後に宮中の紙の着せ替え人形で遊ぶ「ひいな遊び」と融合し、自分の災厄を代わりに引き受けさせた紙人形を川に流す「流し雛」へと発展してゆきます。

  室町時代になると、この節句は三月三日に定着し、やがて神の雛ではなく豪華なお雛様を飾って宮中で盛大にお祝いするようになりました。その行事が宮中から武家社会へと広がり、さらに裕福な商家や名主の家庭へと広がり、今の雛祭りの原型となっていきました。

  雛祭りは、高貴な生まれの女の子の厄除けと健康祈願のお祝いとしての「桃の節句」が庶民の間にも定着していったお祝いです。ですから単なるお祭りではなく、お七夜やお宮参りと同じく女の赤ちゃんの健やかな成長を願う行事、いうなればお雛様は赤ちゃんに降りかかろうとする災厄を、代わりに引き受けてくれる災厄除けの守り神のようなものです。

  雛祭りのお菓子と言えば菱餅ですが、菱餅は赤・緑・白の三段重ねからなり、大昔の宮中から赤部分はクチナシ、緑部分にはヨモギを混ぜ飾られていたようです。どちらも邪気を祓うと信じられていた薬用の食物を用いていました。赤は桃の花、緑は草餅、白は白酒を表しているという説と、白は雪で覆われた大地、緑は雪解け後の新しい芽吹き、そして赤は美しい桃の花が咲く様子、つまり「春」を意味する色という説があります。餅が菱形なのは、大切な心臓(心)を表しているともいわれ邪気を祓おうとする強い気持ちや娘の無事の無事の成長を願う気持ちの表れとも言われています。

  • HOME
  • お菓子の話

since2000 / copyright 大阪生菓子青年クラブ  All Rights Reserved.