• HOME
  • お菓子の話

コラム

紋日と和菓子  『花祭り』

仏教の行事で、四月八日は釈迦の誕生日にあたるので、仏生会(ぶっしょうえ)、あるいは竜華会と名づけて釈迦の誕生を祝いました。

  この行事は浄土宗で最初「花まつり」と名づけて行事を行ったことから、日本の伝統行事の「花祭り」と習合して現在では灌仏会(かんぶつえ)を花祭りと呼ぶようになっています。

  灌仏会は各地の寺で宗派に関係なく(但し釈迦を本佛としない日蓮正宗等は除く)境内に「花御堂(はなみどう)」という一時的なお堂を設けて、このお堂のまわりをたくさんの花で飾りお堂の中央に釈迦の誕生仏(高さ二十センチほどの立像-天上天下唯我独尊の姿)を祀り、参詣者がこの像に柄杓(ひしゃく)で甘茶(正式には五香水または五色水という)を注ぐ風習があります。

甘茶の風習は釈迦が誕生したとき天から九頭の竜が降りてきて清浄な水を吹き注いだ、という故事によるものです。
現在では各家庭の行事ではありませんが、幼稚園や保育園で「花御堂」を造って子供の行事としたり各地の寺で「花御堂」に誕生仏を安置して甘茶を用意している所もあるようです。
  「花御堂」はルンビニーの花園をあらわし、釈迦による恩恵に感謝し、そのご誕生を讃えるものです。

  なお「天上天下唯我独尊」とは人間性の尊厳をいいあらわしたものなのです。

  • HOME
  • お菓子の話

since2000 / copyright 大阪生菓子青年クラブ  All Rights Reserved.