• HOME
  • お菓子の話

コラム

紋日と和菓子  『嘉祥の儀』

六月十六日 和菓子の日

  疫病が流行し、多くの人々が病に倒れました。西暦八四八年、豊後の国(大分県)から白い亀を献上されたことを吉兆として、嘉祥元年と改元されました六月十六日、時の仁明天皇が神前に菓子十六種類を供え、厄病よけを祈願されましたら、たちどころに疫病がおさまり、祈願成就されたということであります。

  この嘉祥祝いの行事は、疫病を祓い福を招くとされ、江戸幕府は盛大に嘉祥の賀儀を行ったということであります。それが民間にも普及して、銭十六文で十六個の菓子を買い、無言で食べる習慣となりました。この六月十六日が「和菓子の日」になりました。


 
笑わず餅とは
陰暦六月十六日、江戸時代には疫病除けを祈願し「嘉祥の儀」が行われ、民間では十六種類の餅や菓子を「笑わずに食べる」という風習がありました。
今では、六月十六日は「和菓子の日」。大阪府の生菓子店では「和菓子の日」の菓子として「笑わず餅」を創作致しました。これは「十六種類の自然素材を使った夏らしいお菓子」とだけ決め、配合その他は各店で工夫し、お店ごとに違った「笑わず餅」が出来上がりました。

どうぞ各店の「笑わず餅」を笑わずに食べ厄を祓った後、大いに笑って福をお招き下さい。

  • HOME
  • お菓子の話

since2000 / copyright 大阪生菓子青年クラブ  All Rights Reserved.