• HOME
  • お菓子の話

コラム

紋日と和菓子  『夏越の祓い』

水無月夏越の祓いをする人は、千歳の命のぶというなり

水無月(六月)の終わりの六月三十日に神社等で行われる行事に夏越の祓いという行事があります。この行事は半年過ぎてたまった疲れや穢れ(けがれ)を祓い、また半年つつがなく健康で健康で過ごせますようにと神様に祈る行事です。では、どのような事が行われるのでしょうか?

  神社では、鳥居や境内に茅(ちがや)で大きな輪を作り参拝者が先ほどの「水無月夏越の祓いをする人は、千歳の命のぶというなり」と唱えながらその輪をくぐります。茅は成長力が強く生命力を促し、穢れを祓う力があるとされています。輪のくぐり方にも手順があり、先ず輪をくぐって左に回り、元に戻って次に輪をくぐって右に回り、再び輪をくぐって左に回り、最後に正面に向かって輪をくぐるというのが正式な作法だそうです。他には神社で配られた人形に姓名と年齢を書き、それで身体をなでて神社に納めると罪穢れが祓われるとされています。

  この夏越の祓いの時に「水無月」という和菓子を食べる習慣があります。水無月は、白の外郎(ういろう)生地に小豆をのせた三角形のお菓子です。このお菓子はそれぞれに意味があり、三角形は氷室の氷を表しています。これは平安時代の昔、六月朔日に氷室の氷を口にすると夏痩せしないという言われからきています。また小豆は悪魔を祓うといわれ、六月三十日に水無月を食べると暑い夏も夏バテせずに元気に過ごせると言われています。

  日本古来から続く習慣というのは、日本の四季や気候のことをよく考えて作られているものなのですね。六月三十日はちょうど一年の折り返し。疲れが出てくる頃に残りの半年を元気に過ごそうと神社でお祈りしている暑い日の風景こそが、涼を感じさせてくれるような気がしてきます。

  和暦の文化、風習というのは奥深く、素晴らしいものなのですね。

  • HOME
  • お菓子の話

since2000 / copyright 大阪生菓子青年クラブ  All Rights Reserved.