• HOME
  • お菓子の話

コラム

紋日と和菓子  『七夕』

七月七日は、五節句(中国では、奇数は「陽数」とし縁起の良い数とされ、これが月日で重なる日をめでたい節目の日として祝う)の一つである七夕です。

笹の葉さらさら 軒端にゆれる
お星様きらきら 金銀砂子
五色の短冊 私が書いた 
お星様きらきら 空から見てる

この歌のように七夕といえば、竹笹の枝に飾られた願いを込めた短冊が思い浮かびます。また、彦星と織姫が年に一度、天の川を渡って逢う物語は誰もが知っていることでしょう。

  この物語は、今から二千年前には既に中国で成立しており、奈良時代に機織りに励んだ天上の織女にちなんで、星に技芸の上達を祈る「乞巧奠(きこうでん)」と呼ばれる宮中行事と共に日本に伝わりました。それ以前の日本では、お盆の前に「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれる女性が白い布を織り、そこに村の一切の厄を託して川に流し、神様に持ち去ってもらう行事が行われていました。これが中国から伝わった彦星、織姫伝説と「乞巧奠」の習俗と合わさり、日本固有の行事になりました。その後、江戸時代には庶民にも七夕の行事が広まり、竹笹を飾り願い事をして川に流すことで厄を祓う習慣が生まれました。

  ちなみに、中国から伝わった宮中の行事「乞巧奠」ですが、京都では今日でも公家の流れをくむ冷泉家で受け継がれています。旧暦七月七日というと現在では八月の末ごろ、冷泉家では七夕の歌会「乞巧奠」が執り行われており、お供え物をして牽牛(彦星)、織女(織姫)をまつり、芸事の上達を祈ると共に管弦の奏楽、冷泉流による和歌の朗詠が行われ、天の川に見立てられた白い布を挟んで七夕の歌を贈答する古式ゆかしい優雅な行事が行われています。

  • HOME
  • お菓子の話

since2000 / copyright 大阪生菓子青年クラブ  All Rights Reserved.