• HOME
  • お菓子の話

コラム

紋日と和菓子  『土用』

雑節の一つで、立夏の前十八日を春の土用、立秋の前十八日を夏の土用、立冬の前の 十八日を秋の土用、立春の前の十八日を冬の土用といって年に四回の土用があります が、普通は夏の土用だけを指し、土用の初日を土用の入りといいます。  

  昔、中国で五行説といって天地のすべては木・火・土・金・水の五気が支配するものと いう考え方から、春は木、夏は火、秋は金、冬は水として、残りの土は四季とそれぞれの 終わりに四分の一、十八日、十九日間ずつ日数を取って土の分担としたのが土用の名前の 起こりといわれています。土用は一年中で、最も暑く虫干しに絶好の時期とされています。  

土用の丑の日の話は、江戸中期に夏枯れ時で困っている鰻屋の愚痴を聞いて、平賀源内 が店頭に「土用の丑の日」と大書きした看板を出させたところ、多くの人が鰻を買い求めたという話はあまりにも有名ですが、これは夏痩せする時期に脂ののった鰻を食べることで夏バテの解消上、医学的に栄養を摂るのにうまく合致したというわけです。  

餅を甘い餡で包んだ土用餅も鰻同様、夏に元気を出すために食べる習慣があり、毎年土 用の丑の日は和菓子屋の店頭を賑わしています。

  • HOME
  • お菓子の話

since2000 / copyright 大阪生菓子青年クラブ  All Rights Reserved.