• HOME
  • お菓子の話

コラム

紋日と和菓子  『お盆』

正しくは「盂蘭盆会(うらぼんえ)」のことで、略してお盆といいます。盂蘭盆とは、 サンスクリット語の“ウラバンナ”を音訳したもので、「地獄や餓鬼道に落ちて、逆さづり にされ苦しんでいる」という意味で、そのために供養を営むのが盂蘭盆会なのです。  

釈尊の弟子の一人、目蓮尊者という人が神通力で亡き母の姿を見たところ、母親は餓鬼 道に落ちて苦しんでいました。何とかして救いたいと釈尊に尋ねると「七月十五日に過去 七世の亡き先祖や父母たちのために御馳走を作り、僧侶たちに与え、その飲食をもって供 養するように」と教えてくれました。その教え通りにすると、日蓮の母親は餓鬼道の苦を 逃れ、無事成仏することができたそうです。この故事が、盂蘭盆会の始まりといわれています。

  お盆(盂蘭盆会)は、先祖や亡くなった人たちが苦しむことなく成仏してくれるように と、私たち子孫が報恩の供養をする時なのです。  

だいたいの地方では、位牌の前には、茄子やきゅうりで作った牛や馬を供えます。これ は先祖の霊が「きゅうりの馬」に乗って一刻も早くこの世に帰り、「茄子の牛」に乗ってゆっくりあの世に戻って行くようにとの願いを込めたものといわれています。その他、蓮 の花や葉や実を模った落雁や白蒸しなどを供えます。  

また洗った米に茄子、きゅうりなどを賽の目(さいのめ)に刻んだものを混ぜて、蓮の 葉の上に盛り付けた水の子と呼ばれるものも供えます。花も季節の物を生けて、欠かさないようにします。

  • HOME
  • お菓子の話

since2000 / copyright 大阪生菓子青年クラブ  All Rights Reserved.