• HOME
  • お菓子の話

コラム

紋日と和菓子  『重陽』

九月九日は、五節句(中国では、奇数は「陽数」とし縁起の良い数とされ、これが月日で重なる日をめでたい節目の日として祝う)の最後を締めくくる重陽の節句です。

  中国では、縁起の良い陽の数の中で一番大きな九の重なる九月九日を「重陽」として、一番重要な節句の一つとして盛大に祝われました。中国ではこの日、茱美(しゅゆ=グミの実)を袋に入れて丘や山に登り、秋の野山を眺めながらの酒宴を開く風習がありました。酒宴では、壁に赤いカワハジカミの実のついた枝をさして菊花酒(盃に酒を注ぎ菊の花びらを浮かべたもの)を飲み、長寿とともに邪気を祓い、災厄を除くことを願ったといわれています。カワハジカミの実は、体内の毒気を除く妙薬、菊は延命長寿の霊薬と考えられていました。  

この中国での風習が日本に伝わり、天武天皇の頃から菊花の宴が行われるようになり、平安時代には、九月九日の前日のうちに菊の花の上に真綿をかぶせておき、翌九日の朝、菊の露で濡れたその真綿で肌をなでれば、若さを保つことが出来るといわれている「菊綿」、または「菊の着せ綿」と呼ばれ、宮中の女官たちの間でも盛んに行われていました。  

源氏物語の中にも、「幻」巻において、光源氏の寵愛した紫の上の一周忌法要も過ぎた九月九日に、光源氏が綿で覆われた菊をご覧になって、「もろともに おきゐし菊の 白露も 一人袂に かかる秋かな」 という歌を詠んでいます。「毎年あなたと一緒に起きて、置いていた菊の着せ綿のその朝露も、今年の秋は私一人の袂にかかることだろう」という意味ですが、若き日の源氏と紫の上が重陽の節句を祝っていたのがうかがえます。  

その後、江戸時代に武家の祝日となり、庶民の間では旧暦の九月九日は現在の十月にあたり栗の節句とも呼ばれ、栗ご飯などで節句を祝っていました。残念ながら、今では旧暦から新暦に変わり、菊が盛んに咲く時期ではないためにほとんど知られていませんが、戦後の「九月十五日 敬老の日」の制定には、不老不死、長寿若返りを祈願するという重陽の意味合いが生かされ現在に続いているといえます。

  • HOME
  • お菓子の話

since2000 / copyright 大阪生菓子青年クラブ  All Rights Reserved.