• HOME
  • お菓子の話

コラム

紋日と和菓子『お月見』

辞書によると、観月。陰暦(旧暦)八月十五日、九月三十日の満月の楽しむ事とあります。
 お月見とは、その字の通り月を眺め鑑賞することですが、特に旧暦の八月十五夜、および九月十三夜に月を賞することを指します。前者を中秋の名月、後者を後の月と呼びます。夏場に不安定だった気候が秋になると安定し、大気は澄み渡り、一年中で最も月が美しく見える季節となります。そのため、秋に月を鑑賞するという行事が定着したものと考えられます。
 近年では、ススキと月見団子をお供えするのが一般的ですが、芋を供える習慣も多いので、芋名月とも呼ばれます。また、中国では月餅を食します。最近では、お月見のお供え物と言えばススキと月見団子でしたが、今でも全国的に里芋をお供えしている地方も多いようです。中秋の名月が芋名月とも呼ばれている事から、お月見の起源は里芋の収穫祭であったという可能性が高いと言われています。また、お月見の日にススキを供えるのは、供えたススキを家の軒に吊るしておくと一年間病気をしないという言い伝えから来ているもののようです。
 日本では、旧暦八月十五夜と九月十三夜の片方だけをお月見するのを嫌がる傾向があるらしく、お月見は必ず両方しなければいけないと考えられているようです。
 ただ、中国などには九月十三夜の風習はなく、日本独自の風習のようです。

その後、江戸時代に武家の祝日となり、庶民の間では旧暦の九月九日は現在の十月にあたり栗の節句とも呼ばれ、栗ご飯などで節句を祝っていました。残念ながら、今では旧暦から新暦に変わり、菊が盛んに咲く時期ではないためにほとんど知られていませんが、戦後の「九月十五日 敬老の日」の制定には、不老不死、長寿若返りを祈願するという重陽の意味合いが生かされ現在に続いているといえます。

  • HOME
  • お菓子の話

since2000 / copyright 大阪生菓子青年クラブ  All Rights Reserved.