• HOME
  • お菓子の話

コラム

紋日と和菓子『冬至』

 冬至は二十四節気の一つ、旧暦十一月子(ね)の月の中気で、新暦の十二月二十二~三日頃。この日から小寒までの期間「日短きこと至る(きわまる)」を意味します。太陽の黄経が270度に達し、冬至線の上に直射するときです。  この日、北半球では太陽の高さが一年中で最も低くなり、昼が一年中で一番短く、夜が長くなります。この日を境に一陽来復、日脚は徐々に伸びていきます。昔の人たちは、冬至の前後になると太陽の力が弱まり、人間の魂も一時的に仮死する。陰極まれば万物みな衰えて死に、太陽の帰り来る「一陽来復」によって再びよみがえると考えました。この日に柚子湯に入り、南瓜や冬至粥を食べると風邪をひかないと言われています。

・柚子湯
 柚子湯に入ると肌がすべすべになる美肌効果があったり、冷え症やリュウマチにも効き、体が温まって風邪をひかないとも言われています。これらの効能は、柚子に含まれている芳香成分の働きにより新陳代謝を活発にして血管を拡張させて血行を促進したり、鎮痛・殺菌効果があるので、体が温まり風邪も治るのです。冬至の読みは「とうじ」。というわけで湯につかって病を治す「湯治(とうじ)」に掛けています。

・南瓜(かぼちゃ)
 現在は野菜が季節に関係なく供給されていますが、西洋野菜が日本に入るまでこの時期に取れる野菜は少なく、保存できる種類も少なかったのです。南瓜は保存が効き、保存中の栄養素の損失が他の野菜に比べて少ない。そのため、冬至の時期の豊富な栄養源でもありました。江戸時代中期から風邪や中風の予防に南瓜を冬至に食べる風習が根付いたと言われています。これは当時、冬場に野菜がとぎれてビタミン類が不足することからで、日本南瓜しかない時代に始められた風習です。

・冬至粥
 冬至粥は、小豆入りの粥です。小豆を入れるのは小豆の「赤」によって疫神を遠ざけるという意味があります。これは荊楚歳時記の「冬至の日赤線をもって日の影を測る。共工の子、冬至に死に疫神となり、赤を恐る」ことから、疫神が恐れる赤い色の小豆を加えた粥となったそうです。

  • HOME
  • お菓子の話

since2000 / copyright 大阪生菓子青年クラブ  All Rights Reserved.