• HOME
  • お菓子の話

コラム

紋日と和菓子『お彼岸』

 彼岸会は「到彼岸」の意味とされます。すなわち現在、我々が住んでいるこの迷妄の世界は此岸(しがん)であり、仏菩薩の悟りの世界である彼岸に渡ることを目的とするのが彼岸会の仏教的な意味です。「到彼岸」は原語のサンスクリット語(梵語)では、パラメーター(波羅蜜多)といいます。春分・秋分の日に行われる彼岸会は、仏教的行事となる以前は日本人の農耕生活に深く根付いた行事であったと思われます。

 彼岸の七日間の間に「日の伴」とか、「日迎え日送り」をする行事は近畿地方一帯にありました。これは、朝の日の出る東の方のお宮やお寺に参り、農耕の安全と農作を祈り、これを節目として先祖の霊を祀るのです。きわめて原始的な太陽崇拝ともいえますが、彼岸会が太陽と農耕と切り離せない関係にあると思われます。彼岸には太陽が真西に沈み、その方向に向かって念仏すれば必ず極楽に往生が出来るとされています。

 彼岸会は、春分の日を中日として前後三日間、計七日間に亘って営まれる法要ですが、仏教行事でありながらインドや中国には同じような行事が見当たりません。彼岸会は日本独自の仏教法会であるといえます。その始まりは、はっきりしたことが分からず、聖徳太子が企画構想したものであるという説もあります。

 彼岸会の時には、在家では仏壇を丁寧に掃除し、また墓参りするのが習慣であり、団子を作って供えることは日本中広く行われています。お彼岸のお供え物と言えば、おはぎ、ぼた餅ですが、この二つはどう違うのでしょうか。実は二つとも同じもので、ぼた餅は「牡丹餅」、おはぎは「萩の餅」であったといわれています。今では、一年中を通して売られているので、どちらの名前も混同して用いられるようになったようですが、本来は牡丹の季節、春のお彼岸に供えるのがぼた餅で、秋の季節、秋のお彼岸に供えるのがおはぎというわけです。砂糖もお米も大変貴重であった昔は、それを先祖に供えて供養し、人々にお分けするということは、功徳を積むことだったのです。


  • HOME
  • お菓子の話

since2000 / copyright 大阪生菓子青年クラブ  All Rights Reserved.