"" ニュース | 大阪府生菓子青年クラブ

ニュース

和菓子甲子園2012年大会開催!

今年もやってきました、和菓子甲子園

■ 応募資格

お菓子作りに興味がある高校生。

実技審査当日の2012年11月4日(日)に参加できる方。

二人一組で、ご応募頂きます。 また、一組につき何点でも応募できます。

■ 課題

2013年干支「巳」(へび)をテーマにしたお菓子。

必ずしも見た目のデザインでテーマを表現する必要はありません。尚、実技審査での作品制作数は、以下の通りになる予定です。(作品サイズ、試食、撮影を考慮し、主催者より事前連絡致します)

40~60g程度・・・・・10個

または棹物(さおもの)などサイズの大きい物・・・・・3個程度

■応募方法

大阪府生菓子青年クラブHPより応募用紙をダウンロード

URL http://www.osaka-wagashi.com/

必要事項をすべて記入の上、作品の全体写真と、カットした断面写真もしくはイラスト(モンタージュ)を必ず貼り付けて、下記の事務局宛に郵送してください。

なお、応募書類につきましては作品写真を含め返却いたしませんので、予めご了承ください。

■応募用紙の送付先

〒571-0078 大阪府門真市常盤町2-3 絹笠商事株式会社内

「和菓子甲子園」事務局 宛

TEL 072-887-2202

URL http://www.kinugasa.com

応募締切2012年9月30日(日) (当日消印有効)にて応募用紙をお送り下さい。

エントリーの募集は締め切らせて頂きました。たくさんのご応募ありがとうございました。

応募用紙はこちら

応募要項はこちら

■審査基準(本選)

<1>製品力:「味の良さ」と「形の美しさ」

<2>技術力:「作業態度など(衛生的で、丁寧な作業)」

<3>ネーミング:「興味を引く作品名」

一時審査は書類選考で、書類上のデータを元に審査いたします。

■審査規定

応募用紙(写真を含む)は返却しません。

すでに他のコンテスト及びコンクールで受賞した作品、オリジナルの作品でない作品は不可です。

主催者は応募作品・応募者の情報を、ウェブサイト・映像・出版物等への掲載する使用権を取得する

ものとし、応募者はこれに協力するものとします。

※応募者は応募作品を主催者に提出した時点で、本規定に同意したものとします。

■審査方法

<書類審査(第一次審査)>

応募作品の中から12作品を書類審査通過作品として選出いたします。

書類審査通過作品の応募者の方には、2012年10月上旬に書面にて通過の旨、

ご連絡いたします。

■審査方法

<実技審査(最終審査)>

書類審査通過の作品を、2012年11月4日(日)に辻製菓専門学校(大阪市阿倍野区)で

行なわれる実技審査で実際に製作していただきます。

制限時間は1時間45分です。片付けは時間に含みません。

製作者プレゼンテーション(約2分)と試食審査を行い、入賞者を決定いたします。

材料は各自ご用意下さい。個人で入手が困難な場合は主催者にお問合せ下さい。

完成品を飾る菓子器などは、ご持参下さい。持参が困難な場合は主催者側で用意

した菓子器をご使用頂けます。詳しくはお問合せ下さい。

道具は会場で用意させて頂きますが、持ち込んで頂いてもかまいません。

その際は、紛失防止の為、持ち込み品リストの提出をお願い致します。

交通費・宿泊費は自己負担となります。ご了承下さい。

※詳しい実技審査の実施内容は、第一次審査通過の通知後、改めてご案内いたします。

■表彰式

審査結果につきましては、実技審査終了後、同会場で行います。

■賞

金賞    1組/最も優秀とされる作品。   賞状、メダル、副賞(図書券1万円)

銀賞    2組/優秀とされる作品。      賞状、メダル、副賞(図書券6千円)

銅賞 上記入賞以外の最終審査進出の方。   賞状、メダル、副賞(図書券千円)

受賞者には大阪府生菓子青年クラブの主催するイベントに参加ご協力願う場合があります(任意)

入賞作品は実際に大阪府生菓子青年クラブ加盟の和菓子店で紹介・販売することがあります。

■お問い合わせ先

「和菓子甲子園」事務局

<1>絹笠商事株式会社 永山 宜泉

TEL:072-887-2202 FAX:072-887-2207  10:00~18:00

E-Mail:nagayama@kinugasa.com

<2>和菓子工房 あん庵 松田 明

TEL:072-950-1122 FAX:072-950-1125  10:00~18:00 但し水曜日を除く

E-Mail:info-anan@w-anan.jp

 

 

和菓子甲子園2011年風景

COPYRIGHT (c) 大阪生菓子青年クラブ@2011 ALL RIGHTS RESERVED.